FC2ブログ
 
■プロフィール

ずっこけずっしー

Author:ずっこけずっしー
構成的グループエンカウンター
を勉強中です。
毎日のことをつぶやいていこうと
思います。

■カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■オンラインカウンター

現在 人がアクセスしています

■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
行事を通して成長する~「君はどこかでヒーロー」~
 「君はどこかでヒーロー」名前だけを聞くとなんだ,それ?と思いますが。お互いのいいところに目を向ける,そのことで他人の姿を通して自分の姿が見えてくる,というものです。ちょっと前ですが文化祭での取り組みです。

 まず,文化祭前,子ども達に文化祭に向けてクラスを盛り上げる人ってどんな人だろう?という問いかけをして思い思いのことを書いてもらいました。「○○さん,これして,って頼める人」,「歌合戦の練習をリードする人」,「まわりがよく見える人」…など。そして「文化祭が終わったらそのどれにあてはまるかお互いに評価しようね」と呼びかけておきました。
 文化祭が終わって振り返りのホームルーム。歌合戦のビデオをみんなで鑑賞。ちょっとはずかしい,荒削りな歌声を聴いて和んだところで相互評価をしました。ルールはどの子にも最低1つはいいところを見つけよう,ということだけです。
 子ども達はお互いをよく見ています。私が想像した以上でした。厳しい目も優しい目ももっています。大人の心配は杞憂に終わりました。今月全員と面接をする計画です。そのときに集計をしたものを個人に返してあげようとおもいます。こんなにもクラスの仲間は自分を見てくれているんだという気持ちになってくれるといいな!
スポンサーサイト


未分類 | 20:54:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。